Wavy - EP

by Nobanobi

/
  • Streaming + Download

     

1.
03:56
2.
03:34
3.
4.
5.
03:33
6.
04:25

about

液体や空気・心情などの"波打つもの"をテーマに制作したEPです。
新曲4曲と、「SAS」(ミクdark歌唱+リアレンジ+再録音)、「Wavelength」(Galaco歌唱+再Mix+Remastering)を含めた6曲入りです。

FreeDownloadを押すと無料でダウンロード出来ます。

追記 : 歌詞はiTunes、iPhoneなどから見られるように入力してあります。(mp3など)
新曲(Track:1,2,5,6)はピアプロにも歌詞がありますので、見られない場合はこちらからどうぞ。
piapro.jp/nobanobi

credits

released December 21, 2016

tags

tags: rock Japan

license

all rights reserved

about

Nobanobi Japan

曲を作ってます。

contact / help

Contact Nobanobi

Streaming and
Download help

Track Name: Floatage
Floatage

知らない
僕は漂う
波に流され
されるがまま
疲れるだけ

身を任せれば
死んだように
行き着くだけだね

散り散りになった
僕の欠片を集めて
肥大してしまった
偽物は君が見つけてね

目は開けたまま
寄り添って泳ぐ魚
開いた腕は
何でも掴めそうさ
君はどうやって
たどり着いたの?

教えてほしい
見つけてほしい


最期の日


散り散りになった
僕の想いを集めて
真っ白いノートへ
感情は君が見つけてね
Track Name: Ear
Ear

伝う波
集約されて震える
もしもそこに
遮るものがあって
伝えられないなら
意味もないよな

届く距離
届かない距離
変換されて届いても
違う世界にいるような
そんな感覚にさようならを

その声を
聞き逃さないように
覚えておくよ
また君が届くように

とあるメモをなくした
とある術をなくした
解ける糸のように
波打つ糸の模様に


違う世界にいるような
そんな感覚にさようならを
変換されて届いても
意味はないから

その声を
聞き逃さないように
覚えておくよ
また君とわかるように

この声で
言い表せるように
覚えておくよ
また君に伝うように
Track Name: SAS (Rearrange)
SAS

不気味なほど 大きな青
幾層にも覆う 灰
秒速4メートル 黒い影と
ぼやけて映る世界

映像はカタチを変えて
リセットする円形の波
幾重にも打ち消しあって

痛いくらいに降る雨と
溶け合って 溶け出して
合わさったら きっと
別の世界の君と 逢えそうな気がして
それでもいいかなんて

秒速9メートルの速さで
降り続く雨を
どこか期待し 敵対して
現実と 何処が重なった?

行き着く先は 別の世界か
そんな幻想 吸って吐いた
溶けてしまえばいい

探して歩いた 青い日を
遮って遮った 遠雷の音
ここじゃ見えないものが
見えそうな気がした

痛いくらいに降る雨と
溶け合って 溶け出して
合わさったら きっと
別の世界の君と
逢えそうな気がした
Track Name: Wavelength (ver Galaco)
Wavelength


昨日殺した
君に会った
夢の中でさえ
近い距離で
意識は遠く

何が心の安定か
ずっとわからないまま
僕の波長は乱された

昨日殺した
君に会った
想像でさえ
近い距離が
行動を問う

逆境は君を強くする?
何を失えばここから


何が心の安定か
ずっとわからないまま
僕の波長は乱された

見て見ぬふりすれば
何を得られるのかな
その答えは誰のため?
Track Name: Puppet
Puppet


僕の不幸は
キミを嫌いに
なれなかったことだ
後ろから引かれる糸に
気づかないまま

動かない瞳に
映る顔の
作り物のような
表情は
覚えのある
作り物だった

君は幸せになって
僕の世界からいなくなって
それから何年経っても
変わらないまま
色褪せた肌

斜め後ろに立って
眺めた景色 覚えている
ずっと見たかったものが見られた
そんな気がした

声は出ないけど
話したかったんだ
朽ちていく糸で
髪は波打ったまま
途切れて


君は幸せになって
僕の世界からいなくなって
それから何年経っても
変わらないまま
変わらないけど

君は最後に笑って
僕の世界から糸を解いて
最初に描いていた意図が
今でも僕を
生かしている
Track Name: Wavy
Wavy


後悔と航海の果てに
見えるものがあったとして
倒壊したと迂回した道を
通ったことを後悔した

幾通りものルートを
手繰って行くと偽物
そんな表情ばっかあって
疑って嫌になって
僕はそっと氷上をなぞった

いつまで繰り返すの
思い返しては後悔して
前に進めない
そんな日々を
まだまだ抜け出せそうにないんだ

眠れない夜に
自然と思考 偏って
気付けば同じような事を
思い出すだけ

結果はいつも変わらない
無駄なのは知ってんだ

けど何でなんだろう
それを理由にして逃げる事に
何処か正当性を感じでしまうんだ
正当性を感じでしまうんだ

いつまで繰り返すの
思い返しては後悔して
前に進めない
そんな日々を
まだまだ抜け出せそうにないんだ

いつまで覚えてるの
思い出すだけ後悔して
前に進めない
そんな日々を
まだまだ抜け出せそうにない
みたいだ